革命スピカ(単話)

コミック

校内唯一の男子生徒・加納を窓から鬼の形相で見つめる影がひとつ。生活指導の花房にとって、乙女達の花園であった学園にただひとりの異物である彼はどうにかして排除せねばならない存在だった。ボロを出させるため素行調査と称して彼のもとを訪れるも、隅々まで掃除の行き届いた室内、自分が来る事を見越していたかのように出されていたお茶、何より本人から漂う清潔感…。こんな理想的な男が存在していたなんて…そう戸惑う花房に、加納は生活指導してほしいと迫ってきて…?