ねてるまにまに(単話)

コミック

毎年、夏に東京から勉学集中のためやってくるふみちゃん。だけどいつからか、私が寝ているときを狙って、ふみちゃんはわたしの体をまさぐるようになった。最初は怖くてただ終わるのを待っていたソレは、繰り返されるうちに甘く官能を帯びるようになって、ふみちゃんが達してもわたしの熱はおさまらなくなるほどになった。お母さんが出かけた昼下がり、寝たふりをした私にまたふみちゃんが迫ってきて…?