ナニを入れても気づかれない!?〜存在感ゼロで密着ストーキング〜(単話)

コミック

「だ、誰もいないのに脚が勝手に開いて…あぁ…何か固いのが入ってくるぅ…ッ」――僕の名前は無田クニオ。いつも教室の隅っこにいる影の薄い僕は、ある日、本当に‘誰にも気づかれない存在’になったんだ。こんな寂しい人生ならいっそのこと…憧れのあの娘のストーカーになってやる!入浴中に裸をじっくり観察したり、トイレの個室についていっても大丈夫。お股をいじってヌルヌルにして、奥までずっぽり入れても気づかれない!