踊り子リズは仲間のために腰を振る 〜私、役立たずじゃないもん!〜

コミック

ここは大陸一潤う国アーデヒルド…の外れも外れにある貧困街に建てられたボロ宿屋。
その宿では新米冒険者達が、明日への英気を養っていた。

「ああんッ…勇者様、そこ気持ちイイですぅ!」

ベッドの上で嬌声をあげる彼女の名はリズ…職業『踊り子』。
こと冒険において、踊り子とは必須の人員ではない…探索、戦闘の両面のどちらにおいても、リズは踊って仲間を鼓舞する事ぐらいしか出来ないのだ。
…しかし、だからこそ…仲間の為ならば例え宿で休んでる最中でも腰を振ることが踊り子の宿命!
かくしてリズは今日もまた、一緒に冒険する仲間の為、愛する勇者の為…そして何より自分自身の夢の為に、ベッドの上で淫らに腰を振りまくる!!