閃光戦士メビウス 恐怖! ディメンションバイブ(単話)

コミック

正義のヒロイン閃光戦士メビウスはいつものように悪の組織デスペラード団の怪人を持ち前の超人的な能力でやっつけていた。
だが、倒したと思った怪人が背後から迫り、メビウスを拘束する。
捕まったメビウスの前で女幹部が取り出したのは、エネルギーを吸収する装置だった。
膣に極太の装置を埋め込まれ、エネルギーを吸収されてしまうメビウス。
必死に掻き出そうとするも取り出せず、膣内で機械が回転、そのまま絶頂してしまう。
絶頂とともになんとか描き出すことに成功するも、改造された怪人のペニス型吸収機械を再び挿入されてしまう。
身も心も悪に汚されてしまったメビウスはそのままエネルギーを産みだす苗床として身体中に機械を取り付けられたままデスペラード団に堕ちてしまうのであった。

※『二次元コミックマガジン 性器拡張強制アクメ!Vol.2』に掲載されている作品です。