牝日記

コミック

「おかえり、お兄ちゃん」
そう言って笑顔で出迎える母と妹は、今日も全裸だ。
それが彼女たちには当たり前のことだった。いや、当たり前のことになったのだ。
俺の手に入れた【未来日記】によって――。

俺は毎日に辟易していた。
出来のいい家族に比べて劣る自分に嫌気がさしていたのだ。
けれどある日、【未来日記】という1冊のノートを手に入れる。
そのノートに書き込んだことはすべて現実となり、それがたとえどんなに非人道的な出来事でもまかり通る。そんなとんでもない代物だった。
最初は半信半疑だったけれど、惨めな毎日が変わるのならと、そのノートを手に取り、そして心に誓った。
俺に惨めな思いをさせた奴ら全員に、復讐してやると――。