僕はエッチの練習台 〜姉と母、言われるままに絞られて〜

コミック

「ねえ、隆之。エッチの練習台になってくれる?」ある日、お姉ちゃんは僕に、そんなことを言った。初めての彼氏ができて不安らしい。僕は断ったんだ。だって、血が繋がらないとはいえ、僕たち姉弟だし、おチ○チ○を見られるなんて恥ずかしい。でも、優柔不断な僕はお姉ちゃんに押し切られて…。興味津々で僕のおチ○チ○を弄って、こすって、観察するお姉ちゃん。最初は恥ずかしいだけだったけど、そのうち僕も変な気持ちになってきて、思わずお姉ちゃんの穴におチ○チ○を入れてしまった。「お母さんに言いつけてやる!」と怒り出すお姉ちゃん。ああ、連れ子の分際で僕はなんてことを!ごめんなさい、どうか僕をこの家から追い出さないで!