リベンジおっぱい 〜貧乳妹の巨乳大好きお兄ちゃん攻略計画〜(単話)

コミック

兄ラブ貧乳コンプレックス妹が頑張っちゃうピュアラブエロコメで多摩川雪丸がグレープに久々登場!
一千花(いちか)は怒っていた。なぜなら事あるごとに巨乳好きの兄の海斗(かいと)が自分の事を貧乳貧乳とバカにしてくるからだ。今日も海斗に貧乳とバカにされ部屋で怒り狂う一千花だったが、実はそんな海斗の事が昔から大好きだったのだ。何とかして海斗をギャフンと言わせたい一千花は少し前にインターネットを駆使して怪しげな胸の大きくなる薬を手に入れていた。ちょっと疑いながらも早速それを使ってみたところ、急に胸が痛みだし気が付くと一千花の貧乳は見事な巨乳へと変貌を遂げていた。急いで海斗の部屋へ行って大きくなった胸を自慢げに見せつける一千花だったが、海斗は偽乳には興味ないと言って全く相手にしてくれない。それならと強引に海斗の手を自分の胸に押し付けてみる一千花。その本物のおっぱいのような感触に疑いを抱いた海斗はじっくりと胸を吟味し始める。海斗に執拗に胸を舐められツネられ弄られているうちに一千花は気持ち良くなってしまいイッてしまう。イッた一千花を見て我に返った海斗は冷静に病院に行った方がいいと言うが、体がさらなる快楽を求めている一千花は海斗にこんな風にした責任を取ってと言って続きを懇願する。そんな一千花の気持ちを受け止めた海斗は……。