10Yearsブレイカー(単話)

コミック

学生時代の彼女のことが忘れられず、サラリーマンになった今もパートナーを作れないでいる高畠くんは、
現在働く会社のOL、栗原さんに密かな好意を抱いていた。それは栗原さんが、かつての元カノに似ているからである。
そんなある日、部署の忘年会を会社近くに住む高畠くんのアパートで行うことになり、料理が出来ない高畠くんのために、当日は栗原さんが手伝うことに。
忘年会後、宴で汚れた部屋を片付けようと残った栗原さんにドキドキの高畠くん、深夜の自室で男女二人なら当然のことだが、
栗原さんも想いは一緒だったようで、やがて二人は互いの恋を確かめ合うべく、ゆっくりと距離を縮めるのであった。