淫獄の皇姫ディートリンデ(単話)

コミック

古代に生み出された禁断の魔道生物──『淫蟲』。
寄生されると強制的に発情させられ精液を求めてしまうとい恐ろしいモノだった。

ソレを使いエーリッヒは美貌と知性を讃えられる皇妹ディートリンデをメス豚へと調教していく。
しかしそのたくらみには黒幕がいた!

黒幕の思いどおりに快楽を求めメス豚へと変貌していく彼女。
『真・皇国の守護者』としてみんなの前でメス豚として宣言をさせられ、
さらには本物の豚と――――!?

エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く魅惑のシリーズついに完結!