巨乳王国物語if 〜騎士の乳戒編〜

コミック

数年に一度執り行われる騎士選抜試合。その試合でまさかの優勝を果たしたのは落ちこぼれと呼ばれているカインだった。後日、騎士の叙任式は国民に望まれぬ形で行われ、拍手のないまま終わる。カインが騎士選抜試合に出場した裏にはサキュバス・ジャハルの策略があり、騎士になったその日、カインはジャハルによって童貞を奪われる。ジャハルの策略とは王妃ナティーヌの性欲発散係を探す事であった! 国王ガラハッドはある事情によりナティーヌと性行為が出来ず、ナティーヌは苦しんでいた。ナティーヌは自分の淫乱さに葛藤するも性欲に抗えず、カインと体の関係を結んでしまう。カインはナティーヌの幸せの為に国王になる事を誓うのだった――!