奪われて与えられたもの―陵辱のはてに―(単話)

コミック

ファンタジー世界で繰り広げられるハードな肉体改造陵辱シリーズ第3話! 魔法が使える貴族が無力な平民を支配する魔法都市の貧しい母子家庭で育った少女ミアは、苦学して薬剤師の資格を取り大貴族ハルスの館へ就職。やっと母へ恩返しができると喜ぶミアだったが、ハルスの目的はミアを魔薬で改造調教し肉奴隷にすることだった……。ミアはハルスに逆らった罰として危険な新薬の試験台にされてザーメン中毒の淫乱な身体に改造されてしまう。母親はふたなりペニスを生やされ、、危険な若返り薬でロリ巨乳の少女となり精神退行してしまう。そして命じられるまま娘の膣内へと巨大なふたなりペニスを挿入すると、母娘ともにハルスの性奴隷としてセックスの快楽に溺れていき……。