霊樹の守り人(単話)

コミック

ファンタジー異種蟲姦! 巨大な霊樹の守り手である獣人部族の戦士クー。彼女ら守り手の戦士たちは、霊樹めがけて押し寄せてくる蟻の魔物の大群と闘うが、数に圧倒され劣勢に立たされていた。不意を突かれ蟻に組み敷かれたクーは、麻痺毒を撃ち込まれて身体の自由を奪われ、触手のような生殖器を膣内に突き込まれる。悔し涙を流しながら犯され、子宮内に卵を産み付けられたクーは、周囲の仲間も蟻に蹂躙された様子に絶望。そして彼女達は蟻の巣と化した霊樹へと運び込まれ、蟻の幼虫を孕み、出産し、また種付けされる繁殖牧場の苗床として生かされるのだった……。