オタサー姫君は裏ではXX(単話)

コミック

オタク男にちやほやされている美少女の正体は実は…「ご主人様のおち○ちんで私のバカま○こをお仕置きしてください!」 「私はクズです… 最低の雌豚のお尻を犯して欲しいの…」