ともだちのいもうと。(単話)

コミック

木場嵐の巧妙な悪巧みもついにクライマックス。お兄さんの桜桃への想いを知る美園は、目隠しでセックスしようと提案する。そして目隠しを施したタイミングで部屋に入って来たのは、彼が想いを寄せ、また彼女も想いを寄せる桜桃だった。戸惑いつつも舞台は揃ったと言わんばかりに急かす木場嵐に、震えながらも兄のペニスにはむり、と口を添える。本物に触れられているとは知らない兄は、自らの妄想のままに暗闇の先の快感を追い求め…