少女性トライアングル(単話)

コミック

ひなが図書委員の当番でいなくなりその帰りを待つ間。「好きな人がいるけど、上手くやる自信がない…」そう理由付けて、星蘭は優月に擬似恋人をお願いしている。ひなと優月は両片想い中で、優月が好きだけど3人の関係を壊したくない星蘭は、せめてひと時でいいから好きな人と恋人になってみたかったのだ。でもそれもいつまでも続けるわけには行かない。今日でおしまいにするから、最後に一度だけ最後までシよう?と星蘭はわがままを持ちかける…