アイツに弟が出来るまで…妹かも! 6

コミック

「なんで学年トップの俺が!アイツの弁当を取りに行かないといけないんだよ!」木崎靖明は、パシらされていた。アイツ…剛志が忘れた弁当を取りに行くためである。幼いころは仲が良かったが、成績に差がついたため次第に剛志は靖明をいじめるようになっていたのだ。「……開いた。はあはあはあ……」家に着いた靖明は隠してあるスペアキーを使い中に侵入する。誰にもばれずに弁当箱を入手し届けるために。しかし、そこで問題が起きた!「……いまの声…って」剛志の部屋に向かう途中、艶めかしい声を聞いた靖明は、不思議に思い部屋のドアを開ける。するとそこには、極太のバイブで絶頂を迎えようとしている剛志の母がいた。