桃尻団地ママさんバレー同好会(単話)

コミック

主人公は飛んできたバレーボールを避けたはずみに電柱に頭をぶつけて気絶。
気が付くとバレーボール同好会の女子更衣室に寝かされていた。知り合いの棟代さんの説明を聞き事情がわかり
帰ろうとするのだがスマホがない。捜しに更衣室にもどると、色っぽい色間さんが休憩しに
入ってきた。足をひねったらしくマッサージを頼まれる。これはもしかして誘惑されているのかも。
そう感じた主人公は足首から脹脛、太ももとマッサージするが嫌がるそぶりがない。
主人公は勃起が止まらなくなり、色間さんも満更ではない様子。ディープキスになだれ込む。