求めて、愛して、突き上げて

コミック

私は真面目なだけの女の子。
人と話すのが苦手で、家族以外にはまともに笑顔も見せられない。
そのせいか友達もできず、ましてや恋愛なんて考えたこともない。
そもそも真面目なだけが取り柄の私なんか誰も相手にしない。そう思っていた。

――その日まで。

その日、私はいつもより1本遅い電車で学校へ向かい、痴漢に遭った。
私なんかが痴漢に遭うわけがない、そう思っていた。けれど私のスカートの中をまさぐる男性はこう言った。
君は可愛い、と。

私は初めて自分が女として価値があることを知った。
男性に求められる言いようのない快感は、所構わず私を襲った。
やがて私自身も所構わず、誰彼かまわず、その欲求を満たすようになっていくのだった…。