逆転飼育-年下男子からの命令-(単話)

コミック

雨の日に出会った彼。彼に触れられる気持ちよさに、どこか懐かしさを感じていた。そんなある日、彼は突然姿を消してしまう。残された彼の荷物を見たとき、私は昔の記憶が蘇る。彼はあのときの…!そう思い出したとき、私は動き出していた。自分のために、彼のために…。