甘色ボイス

コミック

初体験を済ませた朝田智也と高橋多佳美。しかし、セックス中高橋の声を聞いていないことに朝田は気づく!なんで?気持ちよくなかった?焦る気持ちから、彼はエッチに関して猛勉強を開始する。ピンクローターも買い準備万端!それらを総動員し、ついにイカせることに成功するも、泣いてしまった高橋を見て大事なことに気づかされる。高橋が実は恥じらいから声を押し殺していただけだったことを朝田は理解し、自分の想いも伝えもう一度繋がる二人。そこにはしっかりと感じ、喘ぐ高橋の姿があって…。期待のニューフェイス・はるきちが描く、甘くピュアなラブSEX!