お兄ちゃんの日記(単話)

コミック

I(アイ)のワレメをめいっぱい開きその中を観察するが、視認による調査には限界が見られた。そこで我は、更に精度の高いアナライザーである股間の装備を使うことにした。その効果は抜群で、深層相互作用が高まってきた…しかしその瞬間、I(アイ)が我の唇器官に触れてコントロールを失ってしまった!メインフレームをやられ、我は新たな感情を生み出してしまう…。