三人三色家族丼(単話)

コミック

様子見名目で圭太の●校の文化祭にやって来た実希と真希。当の圭太は閑古鳥の鳴くお化け屋敷の店番をしていた。せっかくなので入ろうと実希をせっつき無理矢理入るも、怖がりな実希は真希がちょっと脅しただけで気絶してしまった。そして実希が目覚めると、目の前には謎の男と、そいつのチ●コをペロペロしている真希の姿が!男に操られてしまっている真希を元に戻してほしければ抵抗するなと脅してくるが…?