淫獄の皇姫ディートリンデ【第3話】

コミック

『淫蟲』対策の責任者を命じられたディートリンデだったが、補佐であるはずの魔道省研究員・エーリッヒの操る『淫蟲』の前に無惨にもエーリッヒに処女を散らされてしまう!なす術もなくエーリッヒの言葉に従い張型をつけてすごすディートリンデに、「淫蟲患者保護隔離施設」への視察が舞い込む。そこで見たものは、壁尻といわれる女性たちの姿だった!不安にかられるディートリンデに、巧みに被験者として実験に参加させることをとりつけるエーリッヒ。しかしその実験とは実は……!?『淫蟲』に寄生され、そうとは知らず調教を受けるディートリンデの運命は!?エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く魅惑のシリーズ第3弾!!