月が落ち陽が昇るまで(単話)

コミック

姉の珠(たま)と幼馴染の純一(じゅんいち)くんが結婚した。毎晩毎晩エッチに励む二人を覗き見、未練たらしく独りで慰めていた。純一は姉のもの、頭では分かってはいるが、想いを捨てきれずにいた直(なお)。
ある日、気まぐれで応募した懸賞で温泉旅行に当選する。3人で行く予定だったが、珠が当日ドタキャンし、純一と2人旅になってしまうことに。この旅行で未練を捨てる決心をする直だったが…