母さん、ダメだって!

コミック

父の再婚相手・唯子さん。綺麗で優しい素敵な女性だけど、スキンシップが激しすぎるのが玉にキズ。帰省中のある日のこと。僕の膝の上に乗り、「おっぱいマッサージしてくれない?」と言う唯子さん。言われた通りにその大きな胸を揉みしだくと、唯子さんはあられもない声をあげてよがり始める。唯子さん、まさか僕のことをそういう目で見ていたの…?さらに近所の美人妻・杉山さんも登場し、なし崩し的にセックスすることに。普段のお淑やかな雰囲気からは考えられないドスケベぶりに、僕の欲望も抑えきれず…。迫る爆乳!立ち込める色香!ふたりの人妻に挟まれて、僕はどうしたらいいの!?