プライベートえっち 7

コミック

「翔太君がイケナイんだからね。私の唇なんか褒めたりするから」石原ひとみの唇を褒めたら、コンプレックスのあるところだって蹴りを入れられた。でも、何度も本当だよって説明したら、感激してキスをねだってきて……。(フルカラー作品)