たてセタ叔母 亜矢子(単話)

コミック

大学生活のため、新居が見つかるまで叔母である亜矢子さんの部屋に厄介になることになった。初恋の人との二人暮らしは、相手が叔母だと理性に言い聞かせても悶々としたものは積もるばかりだった。ある日、亜矢子さんと酒を飲みながら話しているうちに酔いで想いが爆発し、亜矢子さんを押し倒してしまった!夢にまで見た亜矢子さんのカラダに我を忘れてしまい…?