閉じ込められて(単話)

コミック

僕は同じ水泳部員の葛木さんに恋をしている。ある日の部活終わり、トレーニングに使ったチューブを解くのに手間取っていたら遅くなってしまい、用具室に閉じ込められてしまった。コンクリート張りの床は冬になりその冷たさを増し、凍えそうな葛木さんはふざけ半分で僕のジャージの中に入ってきた!シャンプーの香りや、密着するやわらかな肌の誘惑に勝てることなんて出来なくて、彼女の身体に触れてしまい…