退屈巫女のお留守番(単話)

コミック

母に留守番を頼まれるも、小さな神社への参拝者なんてまばらなんてもんじゃない。ずっと神札所にいることなんてない!と早々にコタツに避難していると、末彦が嫌味と手土産片手にやって来た。至福のおやつタイムを経たものの、また時間を持て余してしまった…。でもせっかく二人なんだから、やることやったっていいじゃない、ね?