夜道痴漢痴女(単話)

コミック

忙しさに疲れ切って帰宅中のサラリーマンは、満員電車の中で初めて痴漢を見かけてしまう。
思わず見入ってしまうと、被害にあっている女性と目が合うのだが彼は何もできない……。

自分の無力さを痛感しながら歩いていると、帰り道の途中で『痴漢注意』の看板を見かける。
先ほどの光景を思い出しながら歩いていると、後ろから足音が近づいてくる…!

男相手に痴漢はないだろうと思ったが、不意にチンコをつかまれてしまい、驚愕する!!

誰にやられたのか、と見ると相手はなんと美人な女性!
しかも、先ほどの電車の中で痴漢されていた女性だった!!

彼女は男の事を痴漢だと叫び、痴漢なら痴漢らしくわたしを満足させて!と言う。

何がなんだかわからないうちに、男は彼女に流されて実際に痴漢行為を始めてしまい……!!

不思議で魅力的な世界を描く、杏野雲まるの痴漢ワールド!