午前0時、今日も私は義父に侵される。4

コミック

「お兄ちゃん…私、お義父さんに犯されてるの…」午前0時、俺は妹に呼び出され向かった物置部屋で、父が妹を犯しているところを見てしまった――。嫌がる妹の服を脱がし豊満な胸をいじり始める父。大きく反り立ったアレを咥えさせ…「だめっ…やだ…」抑えてもこぼれる喘ぎ声…無理矢理、結合した秘部が泡立つぐらいグチュグチュになり、愛液が床に滴っていく。ぬちゃぬちゃと粘っこい音が立つたびに、抵抗していた妹が段々と感じ始め…。止めなければならないのに…その光景を見た俺の下半身は、父と同じぐらい大きくて「俺も妹をあんな風に犯したい…」平和だった父と娘、兄と妹の関係が音を立てて崩れ始める――!!