禁断連鎖 ー巨乳マゾ女教師・由紀の中出し調教性活ー(単話)

コミック

濃厚陵辱エロスの新鋭・WindArtが妖しく描くフェチ系女教師調教レイプ連載第2回!!
憧れの教師になって充実した生活を送っていた安藤由紀(あんどう ゆき)には誰にも言えない秘密があった。それは重度の匂いフェチである事だった。特に若い男の汗が染み込んだ体操服が大好物な由紀はある日、誰もいない教室に忍び込み男子の体操服を嗅ぎながらオナニーしていた。しかし、それを偶然不良生徒である高槻達也(たかつき たつや)に見つかってしまう。それからというもの毎日のように達也に調教レイプされる日々が始まった。今日もトイレの個室で体操服を嗅ぎながら由紀がオナニーをしていると突然達也が入ってきていつものように激しく犯される。あの日の変態行為を写真に撮られて以来、それをネタに脅されている由紀は達也の言いなりになるしかない。トイレでの行為が終わった後、達也がおもむろに普通のセックスに飽きてきたからちょっと新しいゲームをしようぜと言ってくる。放課後、裸に犬耳と首輪を付けて校舎の廊下を四つん這いで歩かされている由紀の姿があった。こんな所を他の生徒に見つかったら全てが終わると思いつつも例えようのない興奮に感情が支配されて行くのを感じ始めた由紀はとうとう自分から……。