宇宙ローターX(単話)

コミック

友人である純夏を、自宅へと招いた凛は焦っていた。
昨夜、大いに乱れ楽しんだローターを自室の机の上へ置きっぱにし、あろうことか純夏に見つかってしまったのである!!
なんとか誤魔化さなければ…と、とっさの閃きで凛はこう叫ぶ
『こっ…これはそのっ…宇宙からの電波をキャッチするための…通信装置なのよ!』と――
もしかしたら世界が滅亡しちゃうかもしれない、ちょー宇宙的ローターファンタジーの膜、開きますっ☆