本当はド変態な私を壊れるくらい虐めてください〜泣いても絶対やめないで〜(単話)

コミック

「ダメなのに…奥までどぷどぷ注いでほしいよぉ…」クラスのヒエラルキーでは上位に君臨する『まどか』。だけどの彼女の頭の中は、『誰かに思いっきり虐められたい』という願望がいつも渦巻いていた。そんなある日、クラスの目立たない系男子から告白される…。好きでもない男に無人の教室に連れ込まれ、乳首をつねられ、慣らされていないアソコにモノを突き入れられ――「痛いはずなのに…どうしてこんなに濡れちゃうの…!?」