汚らわしくも母親(単話)

コミック

夫は単身赴任で家におらず、息子とふたりでの生活を送る綾子。
ある日、息子の幸一が友人の拓也を連れてきた。
女の子と見まがう美貌を持つ少年は、その日は綾子の家に泊まるという。

深夜、物音に気づいた綾子は、トイレで拓也がオナニーをしているところを見かけてしまう!!

「年ごろの男の子なんだから 当たり前の行為なんだけど」

そうは思っていても、綾子の拓也に対する態度はぎこちなさが出てしまった…。
そしてその光景を思い出すたびに、綾子はついオナニーをしてしまう。
息子と同い年の子供相手に何を…と、自己嫌悪するが、綾子はその欲望を止めることができないでいた。

深夜――。
今晩もまた、拓也がオナニーをするのではないかと待っていた綾子の耳に、トイレでの物音が届く。
興奮しながら覗き見た先では、拓也が綾子のストッキングを身に着け、
凶暴なまでに勃起したチンコを擦りあげていのだった!!

「んあああっダメ!イっちゃう!気持ちいいよ―――!」

自らの衣服が汚されるところを見ながら、興奮し股間を濡らす綾子。
高まる欲望を抑えきれなくなった彼女は、拓也と同じようにストッキングだけを身に着けて……!!

豊満熟女の大家、茜しゅうへいが描く人妻淫靡奇譚!
欲望のはけ口を求め、自ら新たな境地を切り開く人妻のたどり着く先は!?