アネ恋♀宣言 Vol.20

コミック

男は野良犬だった。私はその犬を飼い慣らしたはずだった。ボクシングジムの神聖なリングのそばで、獣のように絡み合う全裸の男と女。後ろを向いて立った女の尻を下から抱え、執拗に舐め回す男。ジュルル、チュパチュパと音を立てて愛液を啜る。「は…お…う」思わず声が出る。十分に勃起した男のペ○スを見て、女が言う。「さあ、イカせて」男のモノを握りながら囁く「私のこと…好き?」「はい」その言葉を聞いた女は、床に寝そべった男の上に跨り、自ら飲み込む。ジュブブ「あ…んっステキ。剣ッ」乳首を男に含ませ、激しく腰を使う女。男も負けじと下から突き上げる。「あっあ、当たるう。剣…いいッいいッ」男は女を抱えて立ち上がり、激しく抜き差しする。そして!?【未亡人・年下ボクサーの肉体に溺れる!!】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!

(C)汐見朝子/矢萩貴子/渡辺やよい/東克美 原作/池田悦子/葉月暘子/桃園樹林/秋水社ORIGINAL