あこがれの(単話)

コミック

学校から帰ると、何故かぼくの家に憧れの千鶴先輩が!にいちゃんと一緒に部屋で映画を観る…ってことは、やっぱりそういう仲なんだろうか?そう思った矢先、壁越しに聞こえてきたのは映画の音ではなく甘い嬌声で…。部屋の隅で落胆していると、いつの間にか映画は終わっていたらしく先輩がぼくの部屋を訪ねてきた。聞こえるようにわざと声を出し、僕を誘う先輩に抗えなくて…