甘い詩が聞こえる(単話)

コミック

真面目な優等生で通している紗友里……彼女には、毎夜オナニーで乱れるという秘密があった。
しかも、その時に想う相手は、弟である琢人……!
彼が口ずさむ歌を聴きながら、紗友里は絶頂を迎える……!!

翌日、紗友里が琢人と昼食をとろうとしていると、琢人にセクハラを行う同学年のギャル・伊摘を見かける。
姉として注意をし琢人を引き離すが、もしかして弟の好みが伊摘のようなセクシー系なのか? と気になっていく。

その日の夜、帰宅が遅くなった紗友里は、家の中で伊摘に襲われている琢人と鉢合わせる!!

「この子も悦んでんだよ アタシにこの勃起チンポ しゃぶられてな」

ガチガチに勃起した巨大な拓人のチンポと、それを咥える伊摘を呆然のまなざしで見つめることしかできない、紗友里。
伊摘ついにがそのチンポをマンコに挿入させたところ、琢人の強い突き上げに伊摘はあっという間に絶頂し、気絶した……!!

何が起きたかわからない紗友里。
そんな紗友里に、平然としたまま琢人は声をかけ……!!
すべてを操っていたのは、いったい誰なのか!? そして、紗友里の本当の想いとは……!?