搾乳バイブレーション(単話)

コミック

牛娘のナナコは母乳の出が悪くなったため病院を訪れていた。
乳腺に詰まりがあると診断され、治すには性的な刺激が必要と言われてしまう。
乳房を揉みほぐされ、電気パッドやマッサージ器で刺激され徐々に快感をおぼえてしまうナナコ。
絶頂すると母乳の出が改善されたことからさらに搾乳機を取り付けられて穴という穴から徹底的に刺激を与えられてしまい絶頂。
すっかりよくなって農家のもとへ帰るも、あの時の刺激が忘れられず自分から器具で快楽を求めてしまうのであった。

※『二次元コミックマガジン 器具責め快楽で絶頂地獄!Vol.2』に掲載されている作品です。