熟妻〜濡れたアソコは激しくイキ喘ぐ。(単話)

コミック

「奥さん、アソコがぐしょぐしょに濡れてますよ」「だっダメそれ以上は…」
最近体型が気になりだしたむっちり人妻は、ある日、運動不足を解消するためにプールへ行くが、泳いでいると足がつって溺れてしまい救護室へ。
そして、運ばれた救護室で若いイケメン監視員二人にエッチなマッサージをされてしまう。
おっぱいや脚の付け根、リンパや敏感な秘部まで入念にほぐされて、感じてはいけないのに欲求不満な人妻のカラダは敏感に反応してしまう。
そして、身悶える人妻の濡れた秘部は、夫より太くて硬い男たちのペ●スを「ズブブッ」と飲み込む。
「だっダメなのに、いけないのに…」と背徳感を感じながら、人妻はイキ喘ぎ、絶頂と共に「ブシューッ」と潮を吹き続ける