脱人間宣言! 美少女肉便器調教レイプ (1)

コミック

美少女が肉便器に堕とされ人間を辞める濃密調教レイプ連載スタート!!「この肉便器、使い込まれてんのにすっげえ締まるな」「おじさんまた来たよお~」美少女肉便器に絶え間なく精液を注ぐ男達。2人の美少女のうち1人は嫌なのに気持ちいいと淫らな表情で言い、もう1人は君を妊娠させるために一週間溜めてきたと告げる男にありがとうございますと恍惚とした表情で答える。彼女達は黒河内(くろこうち)の手によって人間の尊厳を奪われ肉便器に堕とされていた…。一ヵ月前、黒河内は映画研究サークルの合宿に使うため、サークル仲間の小清水(こしみず)、浅黄(あさぎ)、青山(あおやま)、赤野井(あかのい)を実家で所有する別荘に招待した。別荘では優しそうな執事の紫藤(しどう)が皆を出迎える。豪華な別荘にテンションが上がるサークルメンバー達。黒河内が部屋割りなどの説明をすると、浅黄と赤野井の2人はろくに説明も聞かず部屋の広さに盛り上がり、そんな2人を見て黒河内はいらついていた。いちゃつく2人を青山がたしなめ、小清水は黒河内に笑顔で礼を言うが納得いかない様子の黒河内はどいつもこいつも俺を馬鹿にしやがって…と1人憎悪の炎を燃やす。食事と風呂の後、小清水と浅黄が部屋で話している時に小清水は黒河内に告白され断った事を浅黄に伝えるのだが、話をしている内に2人は強烈な眠気に襲われてしまう。浅黄が目を覚ますと、サークルメンバーの4人が手足を拘束され裸で地下室に寝かされていた。そこに現れた黒河内と紫藤。文句を言うメンバーに対し彼は、これから君達は罰を受けるんだよと冷静に告げ肉便器にするため調教レイプを開始するのだった!!