近親相姦~発情黒ギャルはパパに夢中~

コミック

黒ギャルの恵(めぐみ)が授業を終え家に帰ってくると玄関に父親の靴が置いてあった。父親が帰ってきてると思った恵が部屋のドアを開けながら声をかけると、そこにはキッチンでセックス真っ最中の両親が。恵が唖然としているとバックで突かれながら「ご飯ならできてるわよ」と紅潮した顔で母親は恵に話しかけてくる。いらないと答えた恵は部屋に戻り、夫婦だから当たり前とはいえ母親ばかり構いイチャつく父親に対していらついていた。実は恵も父の事が好きだったのだ。モヤモヤした気持ちのまま部屋で寝てしまった恵が目を覚まし、風呂に入る前に食事をとろうとするとリビングに灯りがついていた。まさかまだやってるのかと思いこっそりドアの隙間から覗くと独りテレビで何かを見てる父親の姿があった。よく見るとそれはAVで父親はオナニーの最中だったのだ。母親としているのに何をしているのかと恵が問いただすと、性欲が強すぎて母親も体力が無く一日に何度もという訳にもいかず、AVで解消していると説明する父。話を聞いた恵が画面を見るとそれは黒ギャル物のAVであった。もしや自分の事を意識してるのではと思った恵はこのチャンスを逃す訳にいかないと、抜いてないなら代わりに私がしてあげると父親のイチモツを愛おしそうに口に含んだ…。