家庭妻艶

コミック

市民農園の管理人に農具小屋で無理やりに関係を強要されてしまった人妻。彼女が主人公。
妊娠判定薬を使用するとポジティブだった。判定結果にとまどいながらも、夫の可能性もあると考える。
夫婦仲はとても良好なのだ。そんな時、夫の留守中にその男が自宅に乗り込んできた。しかもギンギンに
勃起させて。
カラダを自由にされているうちに心までも男に支配されていってしまう主人公。
ある日、彼の指示で産婦人科の病院を変えさせられる。なぜか、彼女は素直に彼にしたがうのだった。
彼の紹介で彼の叔父の産科へいくのだが、麻酔されて散々犯され、最後は性具を装着されてしまった。
彼女は医者の言うことだからと素直に装着したまま生活するのだが…。
管理人のオジの産科医に淫具を装着されて3日。
日ごとに快感が強くなっていく主人公の前に現れた二人組の不良。管理小屋に連れ込まれ散々に犯され、さらに
写真も撮られてしまう…。
格闘王国先生による傑作妊婦調教漫画第2弾を読者にお届けします。