生殖者シルヴィアの搾精治療(単話)

コミック

帝都のシスターでもあるシルヴィアは、
聖職者では禁忌とされているふたなりを有していた。
そこで、名のある賢者・ガドのもとを尋ね治療を受ける彼女だが、
施術内容は溜まっている精液を全て射精されるというものだった。
ふたなりペニスから無慈悲に精液を抜き取られながらも
膣を責められて、射精&牝イキしまくるシルヴィアだが、
それでもなかなか治まらないペニス。
背に腹は代えられぬ状況で選んだ最後の手段は、
中出し受精して子を孕み、女性ホルモンを活発化させるしかない!?

※『二次元コミックマガジン ふたなり娘に中出し孕ませ!Vol.2』に掲載されている作品です。