あの日の先生(単話)

コミック

週に二日、大田黒のアトリエに通うようになったすみれは、完全に彼の愛人と成り果てていた。絵のモデルもやってはいるが、腰が抜けるまでバイブで責め立てらたり、縄で縛り上げられ尿を垂れ流したり、大田黒の美の快楽の追求は止まらない。そして、今ではそれを自ら受け入れるようになっていた。家族に後ろめたさを感じつつも、調教され開発されたその身体は夫の前ですら疼いてしまう。最近では大田黒の買い物にも付き合うようになった。普段から着物を着るようにと、呉服屋で仕立ててもらうすみれ。すでに身も心も老練な大田黒に囚われた彼女の運命は……。