隷属調教学園 〜淫行巨乳女教師の開花〜(単話)

コミック

女教師濃厚陵辱で新境地を開拓するゆうづつしろが贈る調教更生ハードエロス新連載開始!!
教師の夏木未亜(なつき みあ)は生徒たちに頼りにされるいい先生になるのが夢だったが男子生徒の一人、青葉(あおば)から成績や家の事などの相談事を聞くうち親密な関係になってしまっていた。夜に人目を忍んで学校内で会い唇を重ねあわせる未亜と青葉。そろそろ帰らないと誰か来るかもしれないと青葉に言われた未亜は、夜ここには人がこないと教えてもらったと言いキスをねだるとカメラを持った教師の北見(きたみ)が現れる。二人の様子は彼に撮影されてしまい、その日の出来事は校長や他の教師などに広まる事に。未亜は青葉の謹慎を解くために辞表を提出しようと校長室を訪れると、ある日を境に突然連絡が取れなくなった元同僚女教師の佳乃(よしの)が現れる。彼女は新しいところで教師を続けていて、行くあてがないならうちの学園にこないかと未亜を誘う。佳乃が勤めている学園は人手不足で困っており条件もとてもいい上、プライベートな事にはうるさくなく気に入ると思うと言われ、佳乃に辞表を破かれ彼女が勤める学園で教師を続ける事になる未亜。転任初日、学園内で青葉に似た生徒が若い女性と親しげにしているのを見て未亜の心がざわつくと、そこに案内役教師の篠原(しのはら)が現れ休んでいけと保健室に通される。出された物を飲みながら篠原と話をし、ふと青葉の事を思い出すと飲み物には媚薬らしき物が入っており未亜の身体は火照ってしまう。興奮が抑えられなくなり身悶えしていると未亜と青葉が親しげに写っている写真を見せてくる篠原。実は彼は問題教師を調教更生させるための指導員だったのだ。媚薬の効果で抵抗できない未亜は、アソコを激しく責められイッてしまいなす術無く篠原を受け入れてしまうのだった…。