ペロペロおじさん(単話)

コミック

ウェットティッシュの箱を手に、公園のベンチで座るだけの簡単なお仕事…友達の行う不思議な光景が気になり、ウェットティッシュを求める女の子たちに連れられたのは公園の近くに住む「ペロペロおじさん」の家だった。おじさんは定期的に女の子をペロペロしないと死んでしまう病気にかかってしまっていて、お小遣い兼ボランティアで協力しているのだとか。その場でお金をもらいはしたけど、もう二度と行くことはないだろうなと思っていたのだけど…?