猫も杓子もねこかぶり(単話)

コミック

教師と生徒が交際するなんて、今や珍しいことではないのだが、メガネ娘は生物の先生に恋してしまったのです。オレ、忙しいんだよ…と避けても、嫌わないでぇ…と擦り寄って離れない。わたし、おっぱい大きいんです…とポロンした乳房は確かに興奮サイズ。生物の先生は、弾力ある肉感に魅せられ、やがて下半身の柔肉にそそり立つ肉幹を沈めます。あぁん、明日からは、エッチな生物実験が始まる予感。