犬神さまの御願い(単話)

コミック

「お前さんのお陰で外に出られた。心から感謝するぞ」
ご利益があるというまことしやかな噂に誘われ、
山中にある寂れた神社を訪れた男を待ち受けていたのは、自らを神と名乗る美女との邂逅であった。
封印を解いてくれた礼をさせてくれと、次第に彼女はその豊満な肢体を這わし…!?
犬耳美女のたわわな双丘を揉んで、挟んで、吸って、きゃんきゃん喘がせまくっちゃう感じの
月並甲介先生、商業成年コミック誌初登場作品ですっ♪